永久脱毛

永久脱毛までの道のり ~本気でムダ毛を撃退したいあなたへ~

space
↑↑永久脱毛は安心・安全の医療レーザー脱毛「フェミークリニック」

「永久脱毛」なんて言葉を聞くと、多くの人たちが”二度とムダ毛が生えてこなくなるすごい方法”
みたいな感じで思っているかもしれませんが・・・

実際は、何度もエステやクリニックに通って、高度な施術を受けなければいけません。だから、たった1回で永久脱毛なんてできるものではありませんし、いつ毛が生えてこなくなるかなんて誰にも分かりません。

綺麗になるまで…

エステサロンに通うなら、同じ箇所を10回以上。
クリニックに通うなら、同じ箇所を5回以上というのが大体の目安です。

こちらのページでは、これから全力で永久脱毛を目指す人に向けた、最も最適なプランを紹介していきます。
興味のある方はぜひご覧になってみてください。

①まずは脱毛の種類を知りましょう。

脱毛行為には様々な種類があります。それぞれの特徴を知ることから、永久脱毛への道は始まります。

光脱毛(フラッシュ脱毛) 医療レーザー脱毛 美容電気脱毛(ニードル)
[画像] [画像] [画像]
光脱毛は、基本的に一般の美容エステや、脱毛エステなどで用いられる手法です。光によって毛根の細胞にダメージを与えますが、3つの手法の中では一番効果が薄いです。 医療レーザー脱毛は、特別な医師免許を持つ看護師のみが施術を許される永久脱毛で高度な手法です。脱毛の仕組みは光脱毛と同じようなものですが、効果が出るのが比較的早いです。 美容電気脱毛とは、絶縁針というものを用いて、1本1本のムダ毛の毛根をひたすら地道に脱毛していく手法です。最も費用がかかりますが、その分、確実に効果が期待できます。
光脱毛の特徴:
1.料金が安い
2.効果は薄い
医療レーザー脱毛の特徴:
1.料金が高い
2.効果も高い
美容電気脱毛の特徴:
1.費用がとても高額
2.効果は確実

◇エステサロンの光脱毛

現在、最もメジャーで主流の脱毛手法となっているのが光脱毛で、
たとえば、ミュゼとかエピレとか、銀座カラーなどというお店が有名ですね。
こういったお店では、最新の光技術を用いた脱毛を行うことが可能です。

ミュゼの脱毛完了コースや、エピレのファーストプランなどは
1回あたりの料金が数百円レベルで受けられ、明らかにお得なんですが、
やっぱりその分、何度も何度もエステに長い期間、通い続ければければ効果は見込めません。

◇クリニックの医療レーザー脱毛

光脱毛の次に主流となっているのが、この医療レーザー脱毛です。
文字通り、レーザー技術を用いた手法ですので、専門の医師にしか取り扱うことはできません。
その分、光脱毛に比べて費用が高いのですが、脱毛効果はこちらの方が倍近く高いでしょう。

1番のネックは、やはりエステと比べると激安のキャンペーンなどが存在しないこと。
本当はごく一部、キャンペーンが安すぎるクリニックもあるみたいですが、ちょっと怪しいですね^^;
お金に余裕がある人は、医療機関で永久脱毛をしてもらった方が手っ取り早いです。

◇珍しいエステサロンの美容電気脱毛

一般のエステとは違って、稀に絶縁針を使って地道に施術を行うお店も存在します。
例えばTBCですね。このお店は一般のエステサロンやクリニックなどと違い、料金が1分単位で発生するものになっています。

ですので、どう見積もってもかなり高額な費用を請求されることは間違いないでしょう。
ただし、エステサロンなので、1000円で美容電気脱毛のお試しコースというものも提供しております。
効果は光脱毛や医療レーザー脱毛よりも見込めると思いますので、お試しでやってみる分には良いでしょう。

しかし、この手法は、脱毛初心者の人が初めからやるべきものではありません。
その理由については後ほど説明いたします。

②痛ければ痛いほど効果がある?

さて、3つの手法それぞれに、費用が高い/安い、効果が確実/薄いなどの
特徴があるのがお分かり頂けたかと思いますが、もう1つ知っておいてもらいたい要素があります。

それは、痛さです。

基本的に、それぞれの傾向を見ると、脱毛は痛ければ痛いほど効果があると言えます。
もちろん、その手法の最先端の技術を用いていないお店は別ですよ。

例えば、先ほどお話したエステやクリニックを並べて説明してみると、
ミュゼやエピレ<アリシアクリニックやフェミークリニック等<TBC
施術時の痛さについては、このようになるでしょう。

しかし、料金については、逆に痛ければ痛いほど高額な傾向にあります。
光脱毛(エステ)<医療レーザー脱毛(クリニック)<美容電気脱毛(TBC)

そして必ずお断りしておかなければいけないことが1つあります。
それは、あくまでも痛みの感じ方には個人差があるということ。
どのエステでもクリックでも宣言されているかと思いますが、ここばっかりは個人差が大きいです。

「私は痛かったけど、あの人はぜんぜん平気だって言ってた。」
そんなことはよくある話ですので、それを承知の上で、ここから先をお読みください。

③これから永久脱毛を目指すために”最適なパターン”は2つだけ

「永久脱毛したい!」多くの方はこう思われていると思いますが、精神的にも金銭的にも、
失敗しないためのパターンは、実はたった2つしかありません。

◇その1『エステで徐々にムダ毛を減らし、クリニックで仕上げをする。』

エステサロンの光脱毛はとにかくお得です。
特に有名なお店の場合ですと、4回2000円とか、3回ずつ2800円とか、1回750円とか、
こんな感じのプランが当たり前のように存在しています。

ですので、まず、脱毛経験がない初心者の人には、こちらの方法をオススメします。

お手軽に脱毛というものを体験することができますし、
どんな感じで綺麗になっていくのかを、感覚として掴むことができるので素晴らしいですね。

ある程度、回数を重ねてくると、次第に毛は薄くなっていきますので、
そしたら、最後に仕上げとして医療レーザー脱毛を行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、一般的な場合は、大体ですが以下のように施術料金が変わってきます。

1~3回 4~7回 8~10回 総額費用
光脱毛(エステ) 3回2,000円
(キャンペーン価格適用)
4回12,000円 3回9,000円 合計10回
23,000円
医療レーザー脱毛 3回45,000円 2回30,000円 合計5回
75,000円

※あくまでもイメージです。部位によっても料金は異なります。

◇その2『エステの良いとこ取りをして、メインはクリニックを活用。』

こちらは、あまりエステ側からすると宜しくないですが(笑) 参考程度に記載させていただきますね。

たまーに、特定の部位だけを対象に、
何度でも施術okの完了コースをアピールしているエステサロンがありますよね。

例えば、ミュゼの完了コースや、エピレの完了コースなどです。
こういったお店は、文字通り本当に激安の料金で何度でも通い続けることができます。

本来であれば、さきほどの表で説明した通り、エステでも10回通えば数万円。
クリニックではもっとたくさんの費用がかかりますが、完了コースだとそれが600円程度になります!w

もちろん、どの箇所もその価格というわけにはいきませんが、
脇なんかだと、かなり安い料金で通いたい放題のお店がちらほらありますよ。

ですので、安い部位は安いところで、そうでない部位は堅実にレーザー脱毛をしていくと、
最終的に、永久脱毛のために支払う料金が、総額で大きく変わってくると思います。

◇番外編『美容電気脱毛の賢い使い方』

ここまで、光脱毛のエステと、医療レーザー脱毛のクリニックを利用した永久脱毛への道のりとして、
2パターンを書きましたが、意外と忘れてはいけないものが電気美容脱毛です。

他の2つに比べると料金がとても高額で、最初から電気美容脱毛を選ぶと、あとで、ものすごく後悔します^^;

いくらお店に通う回数が少なくも、1回の施術にかかる時間と、費用がものすごいことになるので。
たった1部位のために数十万円、数百万円と支払うなんてさすがにキツイですよね^^;

ただし、一応エステサロンということもあってか、最初の1,2回だけは値段が格安だったりします。
そこを考慮して考えると、電気美容脱毛は基本的に『仕上げ』として用いるのが良いでしょう。

レーザー脱毛で規定の回数を終えたけど、ちょっとだけ毛が残っちゃった人。
あるいは、あまりにも自分の毛の生命力が高くて、レーザー脱毛ですら苦戦している人。

こういった人は、第三の選択として美容電気脱毛という方法がある、ということを覚えておいてください。

一応、TBCでは電気美容脱毛を行っていますが、エステサロンということもあって、
1,2回の施術に限っては、1000円というお得な料金で脱毛をすることができますよ。

④最後に

いかがでしたでしょうか?

エステやクリニックなどでは、どこも自分たちにとって都合の良い部分を大きくアピールする傾向がありますが、
これはもうしょうがないです。仕方がないと割り切りましょう。

ただ、だからこそ、私は今回、第三者の目線に立ってこの記事を執筆しました。

どこか1つの強みだけに期待し、信頼するのではなく、それぞれの特徴をしっかり捉えて上手に立ち回ることで、
普通の人たちよりも圧倒的に、お得に永久脱毛を目指すことができるはずです。

それでは、近い将来、あなたが永久脱毛を実感することができることを祈って、終わりとさせていただきます。

「永久脱毛までの道のり ~本気でムダ毛を撃退したいあなたへ~」
を、ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事

ページ上部へ戻る